News ニュース

SeドープPtBi2の薄膜超伝導に関する論文

PtBi2という極性構造をもつ超伝導体に、Seをドープすることで、非極性構造の超伝導体に変わり、それに伴って超伝導転移温度が上昇することが報告されていました。そこで我々は、機械的剥離法を用いてSeドープPtBi2を薄膜デバイスに加工したところ、膜厚60 nm程度までは超伝導転移温度が高いまま維持されること、またファンデルワールス超伝導体としてこの超伝導体が非常に有用であることを見出しました。本研究は工藤研究室との共同研究です。JPS Conf. Proc. 38, 011036 (2023).

Intermag 2023に参加しました

仙台で開催されたIntermag 2023に参加しました。太田さん、渡邉さん、発表お疲れ様でした!仙台観光、とても楽しそうです♪

Miinaさん来研

5月15日~19日に仙台で開催されるIntermag 2023に参加するため、Miina Leiviskäさん(フランス・スピンテック・博士課程3年)が来研され、セミナーをして頂きました。

4月のお誕生日会

今年度も引き続き、お誕生日会を開催します。4月生まれの皆さん、お誕生日おめでとうございます!!

原子層反強磁性体で観測されたスピン・フロップ転移の磁気ヒステリシスに関する論文

(Fe1-xCox)5GeTe2は、Coの置換率xに応じて、垂直磁気異方性を持つ強磁性体から面内磁気異方性を持つ強磁性体、さらにxが0.4以上になると、面直反強磁性体になることが知られていました。この論文では、薄膜デバイスでも同様の性質が保たれること、垂直磁気異方性が薄膜の方が強いことを見出しました。さらに反強磁性体では、面直磁場を印加すると2.5 T付近でスピンフロップ転移を示しますが、そこにヒステリシスが現れることを発見しました。この特性を利用した新しい機能を持つ原子層デバイスへの応用が期待されます。本研究は沖縄科学技術大学院大学の岡田佳憲准教授との共同研究です。Applied Physics Letters 122, 152402 (2023).

2023年度顔合わせ

2023年度がスタートしました。今年はあいにくの雨模様だったので、室内での集合写真です。総勢18名になりました。夜には歓迎会も開催しました。

新メンバーの加入!

2023年度新たに、日本学術振興会特別研究員PDの川田拓弥さんが、新M1の寒川雄斗さんと東原有さんが、新B4の小野由喜さん、岸木克将さん、二階堂夏海さん、山田和輝さんの合計7名が研究室に所属されました。また、中村瞭弥さんが博士課程に、松本史弥さんと山口優陽さんが修士課程にそれぞれ進学されました。これから宜しくお願いします!!

お花見

今日は絶好のお花見日和だったので、桜の木の下でお弁当を食べました!

2022年度学位授与式・卒業式

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。新天地でのご活躍を祈念しております!あわせて3月生まれの誕生日会も開きました。3月生まれの皆さん、お誕生日おめでとうございます!

1 2 3 4 5 6